gleich zum inhalt springen

オフィス用具はアスクルで購入するのが定番です

アスクルは1963年にオフィス用品を取り扱う事務機器メーカーとして国内トップの売上を誇る通販会社です。筆頭株主はヤフー(株)とプラス(株)です。社名の由来であるアスクルは、発注して次の日に来る「明日来る」という所からもじったネーミングです。事務用品を取り扱うネット通販会社として大量の在庫を確保し、トップを維持し続けているのには理由があります。国内での翌日配送が可能であるのは、東京・埼玉・大阪・横浜・名古屋・福岡・仙台の全国7か所にある大きな専用流通センターが設けられているからです。アスクルの特徴は、地域の文具店と提携をしており、代理店とメーカーが一緒に生き残れるという斬新な流通システムを確立している所です。
売れ筋商品としてオフィスふせん・スティックのり・セロハンテープ・マッキーなどは近くの量販店で買えるような事務用品ですが、一定金額を注文すれば送料が無料なので、仕事中に外出して購入する手間が省けるといったメリットがあり、多くの企業に支持されている点でもあります。オフィス用品だけでなく、家電・生活用品・衛生医療品・飲食品も販売しており、無印良品やスターバックスの商品も数千点取り扱いがありますので、近隣に店舗のない地域の一般の方でも、個人向けの「LOHACO(ロハコ)」に登録することで、気軽にショッピングを楽しむことが出来ます。LOHACOでは米・ビール・防災グッズも取り扱っています。

admin in 未分類 on 2月 03 2015 » comments are closed

より美しい口元になれる審美歯科での治療

通常の歯科医院では虫歯などで、歯を削った時は金属製の詰め物で治療を行います。歯科医院で歯に被せたり、詰めたりするものは補綴物と言われています。銀歯など金属製の補綴物は、治療費を抑えられるという利点がありますが、口を開けた時にかなり目立ってしまう為、審美性には欠けてしまいます。より審美性の高い治療を受けたいなら、一般の歯科医院ではなく審美歯科で治療する事をお勧めします。

審美歯科では金属製の補綴物以外に、オールセラミックという治療法で歯の治療をおこなっています。オールセラミックとは陶器で出来た素材で、まるで自分の歯と同じような透明感とツヤがある点が特徴です。噛み心地や舌触りなどの質感も、天然の歯と同じような感触なので、違和感を感じる事は無いでしょう。また白さも自由に変える事が可能なので、より自分の歯と馴染みます。金属製の補綴物のように、自分の歯と馴染まないという事は無いので、綺麗な口元をキープしたいという方に、オールセラミックによる治療はお勧めです。

またオールセラミックは金属を、一切使用していません。金属の補綴物は歯茎を変色させる原因となりますが、オールセラミックは歯茎の変色を起こさない素材です。また金属を使用していない事から、金属アレルギーの方も安心して使える素材となっています。

そしてオールセラミックは虫歯などで削った部分に詰めるだけでなく、歯並びを整えたり、前歯の形を変える、また変色してしまった歯の改善にも有効です。

admin in 未分類 on 2月 02 2015 » comments are closed

新築マンションの展望と階層の選び方

新築マンションを購入する際には、実際に住む階層の展望を確認することが大切です。まだ完成していない場合は展望を確認することは難しいですが、周辺のビルの高さを知ることでどれだけ見通しが良いかわかります。高層マンションに住んでいるのに、下の階層に住んでしまうと、高層マンションではないマンションの方が展望が良い場合があります。

高層マンションは他の建物からすれば景観を損なわせる建物なので、高層マンションはまとめて建てられていることがあります。その場合は、下の階層に住んでしまうと、他の高層マンションに邪魔をされて展望が望めない可能性があります。そして、新築マンションは必ずしも高層マンションの上の階層に住めばいいという訳ではありません。多くの人の憧れとして注目されやすいですが、地震の際には上の階層に行けば行くほどに激しく揺れます。エレベーターが止まったり故障する可能性もあるので、災害時のことを考えると下の階層の方が安全と言えます。

また、地域によってもどちらの方が良いかは変わります。冬に非常に冷え込む様な地域であれば、下の階層に行けば行く程に室温が低下します。暖房効率が下がって、ガスや電気代が余計にかかる場合があるので、必ず上の階層に住むことが大切です。逆に暑い地域であれば、上の階層に行けばそれだけ日当たりが良いので、室温が大きく上昇します。住む地域によっても立地や階層はよく考えてから決めることが重要です。

admin in 未分類 on 2月 02 2015 » comments are closed
        Older Articles